ラングリッサートライソードの世界観

| コメント(0) | トラックバック(0)

ラングリッサー・トライソードの特徴
『ラングリッサー・トライソード』には、「女神の刻」、「龍の刻」といった特徴的なシステムが存在します。「女神の刻」には生産(資源調達)やタクティカルバトル(育成)を行い、「龍の刻」にはレギオンバトル(戦争)を行うのが主なプレイスタイルとなります。

ゲームログイン時や画面上の砂時計の色での確認ができるので、「刻」次第でプレイの目的が明確になります。

三国家
プレイヤーはゲーム開始時に、光の王国「ルミナリア」、闇の武国「タケガミ」、暁の帝国「ラスヴェート」の三国から、自分の所属する国家を選ぶことになります。

各国は国王が国を治めており、ラングリッサーに様々な思惑を抱えて本作の物語へと繋がっていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sue-collection.com/mt/mt-tb.cgi/23

コメントする

このブログ記事について

このページは、gamenewsが2014年8月24日 11:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ラングリッサー・トライソード」です。

次のブログ記事は「三国将神伝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。